事業資金、貸し出す人や借りる人になれる

事業資金が不足する場合、従来より多く用いられている融資先は、金融機関、信用保証協会、日本政策金融公庫が考えられます。事業計画書、申請書類に加え、事業資金が不足することと融資したお金を返済できる事業であることを面接時の回答を含め、融資先に印象付ける必要があります。

 

従来からの融資先ではないものに、東日本大震災以降取引が増えたクラウドファンディングがあります。インターネットの仕組みを活かして、事業資金を募集するものです。専門の仲介業者があり、そこを窓口として手続きが進められます。クラウドファンディングには大きく3つあります。無償で資金提供を受ける寄付型。支援の見返りに商品・サービスを受け取る購入型。金銭的見返りを求める金融型があります。金融型は、さらに貸付型、ファンド型及び株式型に分かれます。以上は融資先についてですが、クラウドファンディングは投資先にもなります。

 

クラウドファンディングの投資に当たっては、利点と不利な点を踏まえ投資する必要があります。寄付型は、自身の意向を反映した投資先に投資することができます。購入型は、初期段階から資金協力した満足が得られるものの、投資先の結果が出ずに終わる可能性があります。金融型は、株式上場などの手続きを経ずに、小額から融資の手続きを受けることができますが、事業の不調や当該事業以外の理由で資金を調達した人の倒産などで資金回収が不能となる場合もあります。インターネットを通して、資金を受ける側、資金を投資する側どちらにもなれます。投資する方は、投資案件を見て、投資満足が高いものへ投資する楽しみが増えました。

 

インターネットが生活に溶け込む中で、融資にかかる手続きを支援する会社もあります。必要な書類の準備、事業計画書及び志を磨き上げるためにも、外部へ委託いて事業計画書のブラッシュアップをおこない、必要な回転資金の確保に向けて動き出してはいかがでしょうか。投資する人は事業計画書の先見性や事業性を検討することになります。事業の流れが早く多様化しています、事への投資、楽しんでみませんか?

事業資金を段取りしました

昨年、私は自分の会社を立ち上げて経営を開始しました。IT関係の事業を手掛ける会社で、インターネット上のコンテンツを提供するサービスを提供する企業です。

 

事業を開始するにあたり、様々な費用が必要になったのですが、手持ち資金では足らなかったため、金融機関から事業資金を融通してもらうことにしました。ただ、私のような信用度の低い個人事業主にお金を貸してくれるような金融機関が果たしてあるか、不安に感じていました。

 

インターネットで検索をしてみると、私のような新規で事業を開始する事業主に対して事業資金の融資を行なう専門の金融機関があることが分かりました。そこは、ある程度信用度が低くても、比較的事業資金を貸してくれるタイプの金融機関でした。

 

インターネットで最も評判がよさそうな金融機関を絞り込み、相談に伺いました。事業資金の借り入れに当たり、今回開始する事業の計画書の提出を求められました。もちろんそのようなものを作った経験はなかったので、知り合いの税理士の方に相談をしながら、計画書を作成することができました。これを金融機関に提出したところ、数日で稟議が下りたようで、一週間後に銀行振り込みにて融資を受けることができました。

事業資金を調達できました

会社を立ち上げることに成功はしましたが、大変なのはその後でした。なかなか軌道に乗せることができず、当初イメージしていたよりもはるかにうまくいかなくて、このままでは潰れてしまい多額の借金のみが残るという事態になってしまいました。

 

このままではダメだし、なんとか立て直したいと思いましたが、当然周りにお金を貸してくれるような知り合いはいなかったし、事業資金を融資してもらえる先を探しましたが、どこでも断られてしまいお先真っ暗という言葉がこんなに当てはまることがあるのかという事態になっていました。

 

最後の頼みの綱という気持ちから、事業者ローンで事業資金の融資の申し込みをしてみたところ、なんとクリアすることができました。もちろん今まで事業者ローンという事業資金専用のローンを利用したことはなかったので、初めてのことに対する不安はかなりありましたが、いざ利用してみたところ特にトラブルになってしまうようなこともありませんでした。

 

無事お金を融資してもらえたことで、なんとか踏ん張ることができ、ようやく軌道に乗せることができ始めています。あの時諦めずに申し込みをしてみて、本当に良かったなと心から思っているし感謝しています。

関連サイト

  • 事業者ローン

    人気の事業者向けローンを取り上げながら、賢い資金調達の方法について検証しています。

  •  

  • 個人事業主の体験談

    中小企業や個人事業主が事業資金を融資してもらうための方法を事例をもとに紹介しています。