事業を立ち上げるときに必要な事業資金

これから商売をするときに設備投資や人件費の確保をしないとだめです。これが事業資金で基本的に商売をするために使うお金となっています。飲食店をオープンするときには店舗物件を借りたり商品を仕入れたりするのが当たり前です。そのような資金を事業資金と呼び、内装工事や外装工事とあらゆる事業に関わるお金を指します。

 

どのように事業資金を調達するのかというと直接金融機関から借りるというのは一般的と言えるでしょう。民間金融機関だけでなく都市銀行や地方銀行も該当します。ノンバンク系が殆どで酋長企業や個人向けの融資をしているの信用金庫もあるのが特徴です。

 

また株式を発行して資金調達する手段もあります。自己資本の増加を行えるうえに多少の損をしても債務超過に陥る可能性も少ないのがメリットです。調達資金は基本的に投資家に返済する必要はないので現在株公開をしている会社ならお勧めの手段となっています。

 

民間の会社が発行するものが社債で、こちらは金融機関からの借入ではなく直接金融サービスから借りるものです。しかし社債の場合は会社の規模が安定していることが条件で東証一部二部上場企業に限られるのが特徴となっています。上記の方法を使い資金を確保しましょう。