国から事業資金を調達出来ました

数年前に起業をしたのですが、その時には国からの事業資金で乗り切ることが出来ました。今は軌道に乗ったので、この時はとても助かりました。特に国の事業資金の良いところは金利が安いところでした。記憶があいまいではありますが、金利は1%前後といったところだったと思います。民間ではこのような金利で借りることはまずありえないでしょう。

 

金額は500万円ぐらいだったとおもいますから、これは年間で五万円程度の金利負担という事になります。実際には、三年程度で全額返済をすることが出来たので、金利負担は総額で10万円もいかないでしょう。これはかなり事業を楽にしてくれました。やはり、国から事業資金を調達できたことは事業を軌道に乗せることが出来た一つの要因だという気がしています。

 

何しろ民間からであれば金利負担は10%ぐらいになる事もありますから、こうなるともう借金返済だけでいっぱいいっぱいで、利益どころか損になる事も多くなるでしょう。サービスの料金も上げることになったでしょうから、今の様に事業を軌道に乗せることも出来なかった可能性もあります。

 

何しろ金利分はそのままサービス価格に転嫁することになりますから、それだけ高いサービスとなりお客さんが来たかどうか分かりません。国の融資の力を思い知った感じでした。