在籍確認、電話連絡なしで

金融機関によります。カードローン、キャッシングの審査では必ず在籍確認が行われます。しかし人によっては勤務先に電話連絡をして欲しくない、土日祝日や夜間に申し込んでいて在籍確認ができない状況になることもあります。それでも即日融資を受けたい場合は、職場への在籍確認や電話連絡なしで借りられる金融機関を選びましょう。

 

銀行カードローンの場合は難しいですが、消費者金融の一部は対応してくれます。申し込み後に電話連絡で在籍確認の電話について要望があることを伝えてください。在籍確認の電話連絡が不要の消費者金融なら、勤務先に在籍していることが分かる健康保険証や給与明細などを提出することで在籍確認の代わりとなります。ただし、国民健康保険では勤務先が分からないのでこうしたサービスは利用できません。

 

基本的に店頭の無人契約機やWeb完結の契約方法であれば可能です。無人契約機での契約については一部の銀行カードローンではできないので気をつけましょう。Web完結式であればカードレスで利用できるので便利です。銀行カードローンなら融資を受ける銀行の普通預金口座とキャッシュカードがあれば、手持ちのキャッシュカードでローン機能が使えるようになります。

 

家族にバレる心配もありません。ただし、気をつけないといけないのが返済の滞納です。指定期日を過ぎても返済がされず延滞の状態が続くと、督促の手紙が届いてしまいます。毎月の返済は滞りなく行いましょう。自社ATMや提携ATMでの現金受け取り、インターネットで振り込み、電話やメールでの振り込み予約といった方法があります。

 

自社ATMの手数料は無料になっているところが多いです。全国の提携ATMの手数料が無料だったり、夜でも手数料無料な金融機関もあります。振り込みでの受け取りについては受付時間を過ぎてしまうと、振り込みが翌営業日になってしまう場合があります。金融機関によっては、指定銀行の口座で24時間即振り込みが可能なサービスを提供しています。

 

事業資金を借りるメリット